2018年05月17日

【豊田市情報】 足助 御朱印めぐり&ご褒美スイーツ ★女性限定★

ごめんなさい
こちら女性限定です



6月2日(土)に、豊田市の足助町で、なにやらおいしそうなイベントが開催されます!

足助にある4つの神社の御朱印をいただくと、おいしいスイーツを食べられる!のだそうです。
御利益もいただけてスイーツもいただけるなんて、なぁんて贅沢なんでしょう!
足助は町並みも情緒があって素敵ですもんね。

こちらは事前の申込が必用になります。

詳しくはこちら↓↓↓↓↓
足助観光協会


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:00 │コメントをする・見る(0)

2018年05月16日

古場ペンチさん出演情報

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」演出家古場ペンチ(Pinchi番地)さんが、明日初日をむかえる 刈馬演劇設計社「フラジャイル・ジャパン」に出演されます!!!
5月17日(木)~27日(日)までのセミロングラン公演!




詳しくはコチラ >>>刈馬演劇設計社HP


刈馬演劇設計社を主宰されている刈馬カオスさんは、多岐に渡りご活躍中の名古屋を代表する劇作家であり演出家。
今回もディープな内容の予感。。。
役者の方も実力派ぞろい!
楽しみです!
とよた演劇祭の折込もさせていただきました!
ありがとうございました。

明日初日です!



そしてわれらが古場ペンチさんをご存知ない方のためにいまいちど
古場ペンチさんはこんな人





演出のときとはひとあじ違う、役者・古場ペンチを目撃ください!!!
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:14 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月15日

あら!豊田って意外と・・・

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」が開催されるのは、豊田市民文化会館大会議室。
こちらは、公共交通機関最寄り駅「名鉄豊田市駅」または愛知環状鉄道「新豊田駅」から徒歩15分になります。

、そもそも豊田ってどうやっていくの!?
という方も多いかもしれません。
まーあれですよね、豊田なんて車の仕事でもなきゃ行くこともないよね・・・って感じかもしれませんが。
でもですよ、トヨタスタジアムではサッカーの日本代表の試合も行われるし、大物ミュージシャンのライブもあったり、夏にはおいでん花火大会もあるし、全国から来ていただく機会もままあるんです。

名古屋からは公共交通機関で1時間弱!
スムーズにお越しいただくことができます。
そうなんです!豊田って意外と近いんですよー。
というわけで今回は豊田までの道のりをご案内いたします!

電車の場合名古屋方面からは2つの方法があります。
①名古屋市地下鉄鶴舞線経由「豊田市」行き 乗換なし! 伏見駅から46分!
②名鉄本線知立経由 三河線「豊田市」駅下車  乗換1回 名古屋駅から約1時間

地下鉄経由の直通も便利ですが、名鉄知立駅からの三河線にご乗車いただくと、のどかな田園風景をお楽しみいただけます。

名鉄知立駅からは「猿投」行きにご乗車いただきます。

「猿を投げる」と書いて「猿投(さなげ)」
昔々どういった事情で猿を投げるに至ったかはわかりませんが、その名も「猿投山」という山が豊田市にはあります。
結構登山される方も多いんですよー。

途中には、絶対読めないよね!という駅がもうひとつ。
「上に挙げる」 「何を?」 「母を」
という「上挙母(うわごろも)」という駅もあります。
実は豊田市は、昔々(といってもそんな昔じゃないけど)「挙母(ころも)」という地名だったんですね。
このあたりは挙母藩が納めていた場所でお城もあったんです。

鶴舞線経由でも知立経由でも到着する駅はこちら

駅と隣接したT-FACEという商業施設には、あの矢場とんも入ってます。
名古屋よりは並ばなくてもよい感じ。

また、名古屋の栄からは豊田市駅まで直通のバスも運行されてます。こちらも約1時間ほど。
乗換不要で座れるし寝れるし、こちらもおすすめ!

岡崎方面からは
愛知環状鉄道で「新豊田」下車が便利です。

詳しいアクセス方法は、各交通会社のHPをご覧ください。
名古屋鉄道HP
名古屋市交通局
名鉄バス
愛知環状鉄道


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:00 │コメントをする・見る(0)

2018年05月14日

ご応募ありがとうございました!

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」
戯曲にご応募いただいたみなさまありがとうございました!
応募総数11作品になりました!!!
選考結果は後日あらためてご応募いただいたみなさまにご連絡さし上げます。
いましばらくお待ちください。

そして
引き続き、役者とダンサーの方を募集中です!
こちらもよろしくお願いいたします。

  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 21:27 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月13日

あせらないでください。

いえ、でもすこし急いでいただいたほうがいいかもしれません。

戯曲応募の締め切りまで、あと4時間です!

関係者一同、ご応募お待ちしてます。
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:00 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月13日

⚠️【とよた演劇祭 戯曲〆切 本日5/13】⚠️




⚠️【とよた演劇祭 戯曲〆切 本日5/13】⚠️
送信忘れなど、ございませんか!?今ならまだ、間に合いますよー!応募逃されませんよう、ご確認くださいませ!


上演戯曲募集の過去記事はこちら↓↓



  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 17:31 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月03日

ダンスパフォーマンス出演者募集


第3回とよた演劇祭『美術がうみだす舞台』 
ダンスパフォーマンス出演者募集

■公演概要
第3回とよた演劇祭『美術がうみだす舞台』では以下の3作品を上演
・新団体による短編劇(20分程度)
・公募枠の短編劇(約30分~40分程度)
・招請枠のダンスパフォーマンス(約20分~30分程度)

【公演日程】
2018年8月11(土) 12(日) 時間未定、全3ステージを予定

【本番会場】
豊田市民文化会館 大会議室

【ダンスパフォーマンス】
名古屋のダンスカンパニーafterimageの堀江善弘氏、服部哲郎氏によるクリエイション作品。
一般出演者も募集し、「舞台美術×ダンスパフォーマンス」を実施。プロフィールは>>こちらから



【主催】
とよた演劇祭実行委員会|公益財団法人 豊田市文化振興財団|とよた演劇協会


■募集内容
とよた演劇祭『美術がうみだす舞台』にて上演する、招請枠ダンスパフォーマンスの出演者オーディションを行います

【対象者】
小学5年生以上の健康な男女

【応募条件】
・稽古に意欲的に参加できること
・8月10日(金)仕込みから8月12日(日)片づけまでの3日間、参加可能なこと
・(仮)8月5日(日)の舞台美術製作に参加可能なこと(公募による出演者はなるべく出席をお願いします)
・チケット販売に協力できること
・7月28日(土)全体通しの参加可能なこと
※ダンス経験は問いません

【稽古日程】
6月17日(日)~本番までの、主に日曜日昼~夜を予定
※稽古状況により追加、変更になる可能性があります

【稽古場所】
豊田市内の公共施設を予定
※豊田市駅から徒歩圏内、3時間無料のパーキングもあり

【ご注意】
・出演料・交通費・チケットバック等の支給はございません
・18歳未満の方は保護者の同意が必要となります。また、送迎についてもご協力お願いします

【オーディション日程】
2018年6月3日(日)  13:00~19:00
※上記時間内、約2時間程度を予定

【オーディション会場】
とよた市民活動センター・研修室
〒471-0026  豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE(松坂屋側)9階
※周辺に3時間無料のパーキングあり

【ご注意】
・オーディション当日、記録やSNS掲載用として、写真および映像の撮影を行います。ご了承ください
・体を動かしますので動きやすい服装・靴でお越し下さい(着替えスペースあり)
・汗をかくこともありますので、タオル、飲み物等ご持参下さい

【応募方法】
HPの応募フォームにて応募、もしくはメールで応募ください(メールで応募の際は件名にダンス出演者応募と入力の上以下をお送りください)
①お名前 ※ふりがなもあわせてお願いします
②性別
③年齢
④連絡先E-mailアドレス、電話番号
⑤志望動機、ダンス経験のある方は簡単な経歴
⑥その他、ご質問等ございましたらご記入ください

応募フォームでお申込みの場合は、自動返信をもって受付完了とさせていただきます
メールの場合は、到着後3日以内にメールにてご連絡いたします
受付完了メールが届かない場合は、とよた演劇祭実行委員会までお問い合わせ下さい

※オーディション当日の詳細案内は、後日メールにてご連絡致します
※携帯電話のメールアドレスの方は あらかじめtoyotaengeki@gmail.comからのメールを受信する設定にしてからご応募ください

【応募締切】
2018年5月31日(木)

【合否について】
2018年6月8日(金)ごろに応募者全員にメールにてご連絡いたします

【お問合せ先】
とよた演劇祭実行委員会:E-mail:toyotaengeki@gmail.com
オフィシャルHP:https://toyotaengekisai.jimdo.com/
オフィシャルブログ:http://toyotaengekisai.boo-log.com/
Facebook: https://www.facebook.com/toyotaengekisai/



  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 16:31 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年04月28日

戯曲執筆の新たな手がかりが公開されました!

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」では上演戯曲をどしどし募集中ですが
戯曲執筆のための新たな手がかりが公開されました!
その手がかりとは・・・
先日行われた杉山至さんの大実験に参加した方々のイメージがスケッチや言葉で公開されてるんです。
まさに千差万別。

詳しくは、とよた演劇祭HPをご覧ください!

戯曲応募の締め切りは5月13日(日)です!!!

まだまだ間に合います!!!

  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:03 │コメントをする・見る(0)

2018年04月28日

速報!名古屋のダンスカンパニーafterimageから、堀江善弘氏、服部哲郎氏 参加決定!

とよた演劇祭『美術がうみだす舞台』速報!

なんと、名古屋のダンスカンパニーafterimageから、
堀江善弘氏、服部哲郎氏参加が決まりました

しかもしかも、とよた市民やその他の地域の方も巻き込んで「舞台美術×ダンスパフォーマンス」を展開
お二人が創作する作品の出演者(ダンス)も募集しちゃいます!
あー、出演したい。。(でもさ、身体かたいし、リズム感ないし、、そもそもダンサーじゃないし泣)
こんなネガティブ必要ありません!ダンス未経験大歓迎わーい
募集要項は、近日中に公開します!

お二人が所属するダンスカンパニーafterimageとは…
ふとしたことをきっかけにダンスの洗礼を浴びてしまった服部哲郎を中心に、2003年名古屋で結成。ダンサーは男性のみ、名古屋発のダンスカンパニーとしてやや珍しい目で見られる。1st『だまれ、蕎麦が伸びる』を皮切りとして様々な形態のダンス作品を創作。切れ味鋭いダンスと外連味溢れる演出で売り出す30台突入の男たちである。
最近では“松竹亭一門”として落語にも挑戦中。
さらに詳しい活動内容は>>>afterimage_twitter


堀江善弘氏プロフィール


堀江善弘
ダンサー/俳優/インプロヴァイザー/振付家/喫茶Riverオーナー
1984年生まれ

2003年結成当初よりダンスカンパニーafterimage に所属。以後ほぼ全ての作品に出演。
国内・国外で開催される数々のダンス作品・WSへ参加し、ダンス・コンタクトテクニックの研鑚を積む。
それらの実績と経験を生かし、コンタクトインプロヴァイザー・ファシリテーターとしての活動を開始。
タレント事務所、ダンススタジオ、劇団でのレッスン・振付、大学・専門学校の特別講師として授業も行っている。
2010年 フランス、アンジェ国際振付センター交換研修生オーディションに合格。同校の舞踊カリキュラムに参加。
同年、個人の活動として パフォーマンス企画【exit】活動開始。
近年では児童向けアニマルパフォーマンスとして『ほりぽっくるシリーズ』も展開している。

近藤良平、坂本公成、伊藤キム、矢内原美邦、杉原邦夫、高橋淳、黒田育代、やまだしげき、キリコラージュ、三輪亜希子らの作品に出演。


服部哲郎氏プロフィール


服部哲郎
ダンサー/振付家
1984年生まれ

ダンスカンパニーafterimage(アフターイマージュ)とダンスカンパニーarchaiclightbody 2つの団体で主宰、振付、ダンサーを務め、ほぼ全ての作品に参加。
2009年1月 愛知県が主催する新進アーティストの発見 inあいち2009舞踊部門に振付家としてより選出、平山素子氏の助言の作品を発表。
同年フランス、カーン国立振付センターが製作する『Just to dance...』にダンサーとして選出。
世界30か所で上演されたツアーに全て参加。

国内でもダンサーとして近藤良平、坂本公成、中村しんじ、杉原邦生をはじめとする数多くのアーティストの作品に出演。

振付として世界遺産富士浅間神社、豊田市美術館、本屋、商店街、ライブハウス、大小様々な劇場で作品を上演しており、シリアスなものからダンス漫談のようなものまで幅広い作風を持つのが特徴。
またバレエ団や劇団にもレッスン、振付を行っている。
コントクトインプロヴァイザーでもある。
また松竹亭ズブロッカとして落語にも挑戦。

名古屋外国語大学非常勤講師。


舞台美術とダンスパフォーマンスの融合・・・・・・・楽しみでしかありません。どんな作品になるのかこうご期待♪


  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 14:41 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年04月24日

【豊田市情報】 ラグビーワールドカップ2019 豊田会場の公式ボランティア募集がはじまりました!

近ごろ、なにかと攻めている豊田市ですが、来年日本で初めて開催される『ラグビーワールドカップ2019』の開催地にも選ばれています!

ご存知、トヨタスタジアムで熱戦が繰り広げられる予定です。

開催を今日から数えて514日後に控え、いよいよ公式ボランティアの募集がはじましましたよ!
世界中から訪れる方々を温かいホスピタリティで迎え、愛知・豊田の魅力をお伝えしてみませんか?

応募はこちらから >>>豊田市ラグビーワールドカップ2019公式HP

さてさて、演劇でもワールドカップ的なものはあるのでしょうか?
勝ち負けの世界ではないので、優勝してカップをもらうぜ!的なものはないと思われますが(あるかもだけど)
世界演劇祭というものはあります!
有名なところだと、フランスのアヴィニヨン演劇祭、イギリスのエディンバラ国際フェスティバルといったところでしょうか。
日本だと、フェスティバルトーキョーが開催されてますね。

とよた演劇祭もインターナショナルなところまで成長できるかしら?

なにはともあれ、目の前の『とよた演劇祭2018 美術がうみだす舞台』
を成功させなくちゃだわ!

がんばろー。  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:09 │コメントをする・見る(0)雑記