[とよた演劇祭からお知らせ]
■“イメージを発見する実験”参加者募集
ファシリテーターとして杉山至氏をお招きし、本公演の舞台となる「豊田市民文化会館大会議室」にて、舞台美術スケッチを元に“新たなイメージを発見する実験”を行います。 戯曲執筆や出演をお考えの方、空間美術や演劇の舞台美術に興味のある方、どなたでも参加可能です。

[日時] 2018年3月11日(日)13:00~16:00
[場所] 豊田市民文化会館 大会議室
[応募方法] とよた演劇祭実行委員会のメールアドレスe-mail:toyotaengeki@gmail.comに以下2項目を送付下さい。
 ①氏名 ②電話番号  応募受付の旨と、内容の詳細をご連絡致します。

2016年07月16日

ぐるぐるっと、稽古中。 劇団3~SUN~です。

なぜか劇団3のお芝居はぐるぐる回ることが多い。



今回も回ります。
でも、だからといって、意味なく回っているわけじゃないんだよ。

ぐるぐるのワケは是非劇場で!
ご来場おまちしてます。

稽古の様子は劇団ブログでも更新中!
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 11:42 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~

2016年07月16日

ぐるぐるっと、稽古中。 劇団3~SUN~です。

なぜか劇団3のお芝居はぐるぐる回ることが多い。



今回も回ります。
でも、だからといって、意味なく回っているわけじゃないんだよ。

ぐるぐるのワケは是非劇場で!
ご来場おまちしてます。

稽古の様子は劇団ブログでも更新中!
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 11:42 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~

2016年07月11日

ボーっと、ダーっと、役者紹介! 劇団3~SUN~です!



役者紹介の最後を締めくくるのは!
劇団3の看板女優
左が、アズアズこと森田梓
右が、いこたんこと田中郁子

ボーダーズなおふたりですが、
だからってこれは衣装じゃないんだよ。
2年ほどまえに、ボーダー姉妹の作品がありましたが
今回このふたりは、特に姉妹でもなく、まったくの他人同士の役柄です。

暑い日々が続いてます。
空の演劇がひとときに涼材となればこれ幸い!
チケット残り少なくなっております。
ご予約はお早めに!

ボーダーレスな役者陣でお待ちしてます。
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 21:57 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~

2016年07月09日

トドベン?っと客演紹介その2 劇団3~SUN~です!

トドベンとは、ポルトガル語の「調子はどう?」というあいさつ言葉。
表記としては "Tudo bem?”。発音的には、トゥードベン?となるらしい。
日常的に広く使われている言葉だそうです。
英語でいうところの”Hi! How are you?"といえばわかりやすいかも。
もっか劇団3は、団をあげてポルトガル語を勉強中?
なぜなら!
客演としてブラジルの方をお迎えしているからです。
じゃん!


クリスティーナさんです!
今回こころよく出演を快諾していただき、ほんとにもう嬉しい限りです。
日本語もペラペラのうえに、初舞台にもかかわらず度胸がいいというか
飲み込みが早いというか、楽しもう!っていう姿勢にこちらも感化されるんですよね。
そんなクリスティーナの役どころは・・・
それは見てのお楽しみってことで。

さてさて、本番まで2週間をきりました。
ここからグイグイ仕上げていきます!
すこしでも良いものをお見せできるようにがんばります。

  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 11:10 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~

2016年07月03日

めろめろ、っと客演紹介!劇団3~SUN~です。

客演紹介その1

斉藤じゅんこさんです!
名古屋を中心にご活躍中の大大大ベテランのじゅんこさん。
稽古初日の本読みで某劇団員が
「じゅんこさんの言葉聞いてるとからだが熱くなっちゃうハート
と、めろめろしてました。
情景がうかぶのです。さすがです。

さあ、空の舞台でココロもカラダもめろめろに!
お待ちしてます。

チケット予約はお早めに!
  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:21 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~2016『空の舞台』

2016年06月30日

むむん、と、劇団3~SUN~です。

どーも、劇団3~SUN~でございます。
むむん、と蒸し暑い日々が続いておりますが、
そんな中、むむんと稽古にはげんでます。



なんと今回は、むむんと
素晴らしい客演の方を2名もお迎えしてます!
名古屋でご活躍の大ベテランの役者さんと、外国の方にもご参加いただくことに。
まさに幅広い役者陣!
次回からご紹介いたしますのでお楽しみに。




劇団3は『子どもたちの子どもたちの子どもたちへ』という、いささか長いタイトルの作品を上演させていただくわけですが、『田んぼ』が作中で重要だったりします。
田んぼの緑が、むむん、むむん、むーん。
  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:53 │コメントをする・見る(0)劇団3~SUN~