2018年05月29日

初めまして!Team 10+です!

こんばんは!
Team 10+(ちーむ てんぷら)の、わかと申しますm(_ _)m

私たち10+は、とよた演劇アカデミーの10期修了生です。
この度、とよた演劇祭『美術がうみだす舞台』新人枠で上演をさせて頂くことになりました!

新人枠って、なにかというと……そもそも、

【とよた演劇祭とは】
 2015年、とよた演劇アカデミー修了生の3人により企画された演劇祭
 2011年より5年に渡り行われた『とよた短編演劇バトルT-1』の終了後、
 とよた演劇をより活性化すべく、以下の3点を目的として始まった
 ・豊田のお客様に演劇をより身近に感じてもらうこと
 ・空間を生かした作品作りを低予算で行う力を養うこと
 ・豊田の演劇人に公演の機会を提供し、とよた演劇アカデミー修了生には最初の受け皿となること

……ということで、アカデミーの先輩たちと一緒に、豊田の演劇を盛り上げるべく、このお祭りに参加することになったのです!!

いま、我々Team 10+は、お客様に笑って楽しんで貰える作品を作るべく、創作をしています!







⬆️これは、とある日の稽古帰りのメンバーのお遊び

今回は、美術がうみだす舞台。
こんなふうに、遊び心いっぱいに美術を活かした作品を作りたいです(*ゝ`ω・)

現在、とよた演劇祭では、
公募枠の役者の募集と、
招請枠のダンスパフォーマンス出演者の募集を

5/31までしています!!

私たちと一緒に、お祭りしませんか?✨
ご応募お待ちしております!  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:29 │コメントをする・見る(0)新人枠_team 10+

2018年05月29日

迷わずにご応募ください

あや「迷ってるのよー」
まちこ「なにを?」
あや「とよた演劇祭の応募よー」
まちこ「あー」
あや「興味はあるんだけど」
まちこ「あるんだ」
あや「だって、舞台美術の杉山さんってテニミュの美術も手掛けたことあるらしいのよ」
まちこ「あー、あや、斎藤工好きだもんね」
あや「だけじゃないの、城田優もタイプなのよー」
まちこ「歌って踊れるイケメン好きかー」
あや「ライダー系も好きだけどね ゆず様も」
まちこ「ただのイケメン好きじゃん」
あや「王子好きと言って」
まちこ「ヘンリー王子は結婚しちゃったけどねー」
あや「えっ、まちこ、ロイヤル好き?」
まちこ「まー、結構」
あや「へー」
まちこ「応募してみればいいじゃん」
あや「でも初心者だし」
まちこ「もし出演できたら、間接的に斎藤工と共演するようなもんじゃん」
あや「いやいやいや、ちがうっしょ」
まちこ「いやいやいや、ありっしょ」
あや「でもそれ、また従妹の結婚した人の会社の同僚の妹の友だちの弟の彼女がやってる地元の公民館のベリーダンスの発表会に出るような遠さじゃん」
まちこ「でもつながってないこともないじゃん 公民館のベリーダンスが斎藤工につながってんだよ」
あや「・・・ ・・・ ・・・ (顔が赤らむ) ぐふっ」
まちこ「・・・」

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」
役者とダンサーご応募お待ちしてます
応募締切は5月31日(木)

応募フォームはコチラ >>>とよた演劇祭HP・出演者募集

こちら ミュージカル「テニスの王子様」の15周年記念コンサートダイジェスト映像


テニスの王子様3rdシーズン「青学VS氷帝」は、このあたりですと今年9月に岐阜で上演されるようです
詳しくはコチラ >>>ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト

  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:07 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月28日

橋の下音楽祭 今年もやります!!! 

おお!!!
今年もやってくれるんですね!!!



地元老若男女を巻き込んだ数あるフェスの中でも一線を画す、かっちょいー音楽祭です。

設営ボランティアを大大募集中のようです。
詳しくは橋の下音楽祭オフィシャルHPにて。

今週末
6月1(金)2(土)3(日)
開催!!!


てか、いまだ出演アーティスト情報などなど発表されてませんの。
気になる・・・。
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:00 │コメントをする・見る(0)

2018年05月27日

舞台美術家 杉山至さん

戯曲募集・出演者募集・ダンサー募集と
募集・募集・募集の記事ばかりでしたが
とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」の核ともなる舞台美術を引き受けてくださった杉山至さんについてご紹介いたします。

杉山至(舞台美術家)
国際基督教大学(ICU)卒。在学中より劇団青年団(平田オリザ主宰)に参加。2001年度文化庁芸術家在外研修員と してイタリアにて研修。近年は演劇では青年団、地点、サンプル、風琴工房、城山羊の会、東京タンバリン、てがみ座、ロロダンスではダンスシアターLUDENS、平山素子、MOKK、 白井 剛、森川弘和、KENTARO !! またミュージカル・テニスの王子様、オペラでは日生オペラ『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』、ドイツ・ハンブルク劇場主催『海、静かな海』の舞台美術を手掛け、舞台美術ワークショップも多数開催している。また、近年は劇場等 のリノベーションも手がけている。劇団地点『るつぼ』にてカイロ国際演劇祭ベストセノグラフィーアワード2006受賞。第21回読売演劇大賞・最優秀スタッフ賞受賞(2014年)。 桜美林大学、四国学院大学、女子美術大学 非常勤講師、舞台美術研究工房・六尺堂ディレクター、NPO法人S.A.I.理事、二級建築士。

と、すごいご経歴・・・。
こんなお方に舞台美術をつくっていただけるなんて・・・、ほんとにありがたいことです。

こちらは杉山至さんにつくっていただいた今回の美術模型



ここですこし個人的なお話を。
わたくしとよた演劇祭制作担当Dは、劇団ロロがたまんなく好きなのですが、このロロの舞台美術を担当されているのが杉山至さんなのです。
わたしが申し上げるのもおこがましいかもしれませんが、この舞台美術がもーたまんなくいいんです!
ロロの作品は時間も場面も舞台上でコロコロと変わりますが、至さんの美術は、核を持ちながらもその変化に対応していく美術なんです。
そこがとても豊かだなーといつも感心させられます。
ロロの場合、作風に合わせてとてもキュートな美術になってますしね。
なので、今回どんな風に舞台美術が実際に立ち上がっていくのか!もんのすごく楽しみです。

しかし、テニスの王子様の舞台美術もされてるなんて!!!
感服。

そんな杉山至さんの美術からうまれる舞台にあなたも立ってみませんか?
出演者募集してます!!!
締切は5/31です!!!
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 18:00 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月26日

まだまだ、ばんばん募集中!!!

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」

出演者

ダンサー

どしどし募集中です!!!

応募締切は5月31日(木)

詳細はコチラ >>>とよた演劇祭HP/出演者募集  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:00 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月25日

ここですこし、本番の会場となる場所のご説明を・・・

今回とよた演劇祭の会場となるのは、豊田市文化会館内にあった旧「国際会議室」。
馬蹄形の大きな机や議長席、同時通訳室もあった場所です。
役目を終えた国際会議室は今年リノベーションされ、あらたに「大会議室」として生まれ変わり、縁あって利用させていただくことになりました。

リノベーションする、とは
刷新する、改善する、という意味があります。

その建物が持つ歴史を理解し、その空間の記憶を保持しつつ
過去と現在と未来をつなげていく。

「過去」にあった大きな重い机の跡は、「現在」も会議室のカーペットに残っています。
杉山至さんには、実際に大会議室を見ていただき、HPにあるデザイン画を描いていただきました。

あたらしい役目を持った空間で、演劇の持つライブ感「今」が、どんな風に「未来」へつながっていくのか・・・
ご来場いただき、その場所を感じていただけたら幸いです!

国際会議場はこんなところでした


中央にひまわりがありますね。
ひまわりは豊田市の市花なんですよー。
花言葉は、「憧れ」「あなただけを見つめる」なんですって。

あなたに見つめてほしい、とよた演劇祭です。











  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:00 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月24日

第一回戯曲選考会が行われました!

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」
第一回戯曲選考会が行われました。

ご応募いただいた作品と向き合いながら、、、


悩みまくる、演出の古場ペンチさん


まだまだ続きます
選考結果はいましばらくお待ちください


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:26 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月17日

【豊田市情報】 足助 御朱印めぐり&ご褒美スイーツ ★女性限定★

ごめんなさい
こちら女性限定です



6月2日(土)に、豊田市の足助町で、なにやらおいしそうなイベントが開催されます!

足助にある4つの神社の御朱印をいただくと、おいしいスイーツを食べられる!のだそうです。
御利益もいただけてスイーツもいただけるなんて、なぁんて贅沢なんでしょう!
足助は町並みも情緒があって素敵ですもんね。

こちらは事前の申込が必用になります。

詳しくはこちら↓↓↓↓↓
足助観光協会


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:00 │コメントをする・見る(0)

2018年05月16日

古場ペンチさん出演情報

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」演出家古場ペンチ(Pinchi番地)さんが、明日初日をむかえる 刈馬演劇設計社「フラジャイル・ジャパン」に出演されます!!!
5月17日(木)~27日(日)までのセミロングラン公演!




詳しくはコチラ >>>刈馬演劇設計社HP


刈馬演劇設計社を主宰されている刈馬カオスさんは、多岐に渡りご活躍中の名古屋を代表する劇作家であり演出家。
今回もディープな内容の予感。。。
役者の方も実力派ぞろい!
楽しみです!
とよた演劇祭の折込もさせていただきました!
ありがとうございました。

明日初日です!



そしてわれらが古場ペンチさんをご存知ない方のためにいまいちど
古場ペンチさんはこんな人





演出のときとはひとあじ違う、役者・古場ペンチを目撃ください!!!
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 20:14 │コメントをする・見る(0)2018『美術がうみだす舞台』

2018年05月15日

あら!豊田って意外と・・・

とよた演劇祭「美術がうみだす舞台」が開催されるのは、豊田市民文化会館大会議室。
こちらは、公共交通機関最寄り駅「名鉄豊田市駅」または愛知環状鉄道「新豊田駅」から徒歩15分になります。

、そもそも豊田ってどうやっていくの!?
という方も多いかもしれません。
まーあれですよね、豊田なんて車の仕事でもなきゃ行くこともないよね・・・って感じかもしれませんが。
でもですよ、トヨタスタジアムではサッカーの日本代表の試合も行われるし、大物ミュージシャンのライブもあったり、夏にはおいでん花火大会もあるし、全国から来ていただく機会もままあるんです。

名古屋からは公共交通機関で1時間弱!
スムーズにお越しいただくことができます。
そうなんです!豊田って意外と近いんですよー。
というわけで今回は豊田までの道のりをご案内いたします!

電車の場合名古屋方面からは2つの方法があります。
①名古屋市地下鉄鶴舞線経由「豊田市」行き 乗換なし! 伏見駅から46分!
②名鉄本線知立経由 三河線「豊田市」駅下車  乗換1回 名古屋駅から約1時間

地下鉄経由の直通も便利ですが、名鉄知立駅からの三河線にご乗車いただくと、のどかな田園風景をお楽しみいただけます。

名鉄知立駅からは「猿投」行きにご乗車いただきます。

「猿を投げる」と書いて「猿投(さなげ)」
昔々どういった事情で猿を投げるに至ったかはわかりませんが、その名も「猿投山」という山が豊田市にはあります。
結構登山される方も多いんですよー。

途中には、絶対読めないよね!という駅がもうひとつ。
「上に挙げる」 「何を?」 「母を」
という「上挙母(うわごろも)」という駅もあります。
実は豊田市は、昔々(といってもそんな昔じゃないけど)「挙母(ころも)」という地名だったんですね。
このあたりは挙母藩が納めていた場所でお城もあったんです。

鶴舞線経由でも知立経由でも到着する駅はこちら

駅と隣接したT-FACEという商業施設には、あの矢場とんも入ってます。
名古屋よりは並ばなくてもよい感じ。

また、名古屋の栄からは豊田市駅まで直通のバスも運行されてます。こちらも約1時間ほど。
乗換不要で座れるし寝れるし、こちらもおすすめ!

岡崎方面からは
愛知環状鉄道で「新豊田」下車が便利です。

詳しいアクセス方法は、各交通会社のHPをご覧ください。
名古屋鉄道HP
名古屋市交通局
名鉄バス
愛知環状鉄道


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:00 │コメントをする・見る(0)