[とよた演劇祭からお知らせ]
■“イメージを発見する実験”参加者募集
ファシリテーターとして杉山至氏をお招きし、本公演の舞台となる「豊田市民文化会館大会議室」にて、舞台美術スケッチを元に“新たなイメージを発見する実験”を行います。 戯曲執筆や出演をお考えの方、空間美術や演劇の舞台美術に興味のある方、どなたでも参加可能です。

[日時] 2018年3月11日(日)13:00~16:00
[場所] 豊田市民文化会館 大会議室
[応募方法] とよた演劇祭実行委員会のメールアドレスe-mail:toyotaengeki@gmail.comに以下2項目を送付下さい。
 ①氏名 ②電話番号  応募受付の旨と、内容の詳細をご連絡致します。

2017年08月01日

振り返り実行委員会

二日間で述べ303人のお客様にご来場いただきました、
第2回とよた演劇祭「次の舞台」から早10日。
本日は振り返り実行委員会でございました。

次の舞台の反省点など話し合われましたが、
すみません、写真を撮り忘れました。

そこでとよた演劇祭のマスコット「ティーわんこ」番外編。
その前に今年プチ整形した「ティーわんこ」をば。




そんな「ティーわんこ」の誰も見たことがない後ろ姿。

うん、よくわかりませんね、


「ティーわんこ」の頭に乗っているのはティーカップです。優雅ですね。
体幹を鍛えているのでしょうか。さすが演劇のマスコット。

褒められたのでお辞儀をしました。

紅茶こぼれてます。


第1回「空の舞台」第2回「次の舞台」と開催された「とよた演劇祭」は来年もあります。
第3回はどんなタイトルでどんな内容か、なにも決まってはいませんが開催されることは確かです。

今後いつ情報が飛び出すかわかりませんので、たまにはこのブログ覗いてくださいね。
誰も見てないと思って「ティーわんこ」がこんな秘密のトレーニングをしているかも。

「紅茶をこぼさず飛ぶ方法。」


これからも「とよた演劇祭」と「ティーわんこ」をよろしくお願いします。
そして来年こそは反対側を向けるよう、デザイナーさんにお願いしようティーわんこ。

反対側を向いた「ティーわんこ」に乞うご期待です!


  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 23:45 │コメントをする・見る(0)雑記2017『次の舞台』

2017年04月29日

あの犬の名は

「ティーわんこ」

2015年まで豊田で開催されておりました「とよた短編演劇バトル“T-1”」であの犬を見かけました。
2016年は「とよた演劇祭“空の舞台”」に変わったのでもういないだろうと思ったら、
チラシの裏に小さくいた!




今年はブログで発表された時からTOP画面に大きくいた!




なので、なぜ今年もあの犬が・・・と思っていたのですが、
吹き出しをつけるといい感じ。




あと、戯曲募集や出演者オーディションの締め切りまであと何日!とパネルを持たせることも出来て役に立つ。




だんだん可愛く思えてきてついにはライトまで浴びさせました。




我ながら力作です。

なぜティーわんこという名前なのかはまた今度。
とりあえずいつも出てくるこの犬の名前がティーわんこってことを覚えてください。




いつか反対側を向けるといいね。






  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 02:15 │コメントをする・見る(0)雑記2017『次の舞台』

2017年04月19日

早口言葉のような羽布ダムカレー

羽布ダムカレー。
はぶだむかれーと読みます。
…うまく言えない。

とよた演劇祭「次の舞台」のことをお伝えするこのブログですが、
ゴールデンウィーク中にあげるブログネタなんかない?と
昨日実行委員会で投げたところ来ました。
羽布ダムカレー!

速攻調べて、速攻あげる。
ネタなんてまた探せばいいのだ。

羽布ダムは愛知県豊田市羽布町にあり、名古屋から高速で約一時間半。
そこの特産として7店舗で提供されていて、下記の決まりごとがあるそうです。

○米は下山特産品『ミネアサヒ』を使用。
○地域の特産品を1種類以上使用。
○羽布ダム(三河湖)の特徴を模した以下のトッピングを2種類以上使用。
 ・放流ゲート
 ・三河湖周辺の木々
 ・小水力発電施設
 ・空気揚水筒

三河湖周辺の木々って素敵!
空気揚水筒って何?調べてみましたがよくわからない。
そもそも水中にあるものらしく、それがどうトッピングされるのか。
え?埋まるの?

興味シンシンです。

みなさんもゴールデンウィークのお出かけ先にいかがですか?
ダムが見れて、ダムカレーまで食べれちゃう羽布ダムカレー。

はぶだむかれー。
まだ言えない。


  
タグ :雑記


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 18:57 │コメントをする・見る(0)雑記

2017年03月09日

前回二回目と書きましたが

実は前回が三回目、今回が四回目でした。
とよた演劇祭実行委員会。
い、いつの間に。

今日は話し合いが時間内に終わらず、
場所を移して続けられました。

詳細は情報解禁されましたら、
随時更新していきますのでしばしお待ち下さい!



  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 23:55 │コメントをする・見る(0)雑記2017『次の舞台』

2017年03月06日

春の光

昨日は啓蟄でした。
冬ごもりをしていた虫が気候が暖かくなって外に出てくる時期です。

ちょうど用事があったので、
7月にとよた演劇祭「◯◯の舞台」が行われる
豊田産業文化センター小ホール入り口の写真をパシャリ。




小ホールは外に出る扉がガラスなので、
春のやわらかな光におおわれていました。
思わず入ってみたくて扉に手を伸ばすも鍵がかかっている。
そりゃそうです。

夏はさらに太陽サンサンでしょうが、
小ホールの扉の向こうには「◯◯の舞台」があります。
どうぞ扉の向こうを見にいらして下さいね。

そんな夏に向けていろんなものがもぞもぞ動きだしています。


  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:16 │コメントをする・見る(0)雑記2017『次の舞台』

2017年02月28日

二回目の実行委員会開催

今日はとよた演劇祭二回目の実行委員会でした。

お菓子を持ってきてくれた人がいたので
みんなでもぐもぐ食べながら…ではありません。

決めること盛りだくさんでみなさん真剣です。
今日決まったことも決めれらなかったことも。

明日から3月。
春の向こうの夏をみすえて実行委員会は話し合いを重ねております。






  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 23:57 │コメントをする・見る(0)雑記2017『次の舞台』

2016年08月10日

振り返り実行委員会

ご無沙汰しております。
空の舞台から2週間以上が過ぎようとしています。
暑い日が続いておりますが皆様お元気でしょうか?

本日は空の舞台振り返り実行委員会でした。
公演を終え、それぞれ感想・反省を持ち寄り話し合いをしました。

今日の話し合いは今後のとよた演劇祭に生かしていきたいと思っております。

また新しい動きがありましたらブログ、HPでお知らせしますので、
時々のぞいてくださいね。

それでは熱中症にお気をつけて、楽しい夏をお過ごし下さい!









  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 22:45 │コメントをする・見る(0)雑記2016『空の舞台』

2016年06月26日

さてさて劇団エンジンです残…

さてさて劇団エンジンです
残すところ1月きりました!
稽古してます

ちょっとした道具作りもしてます

同じ釜の飯を食べたり

休憩したり

息抜きしたり


遊んでばっかな気がしてきた(・ω・)
チケットご予約まだの方は是非お早めお願いします



  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 13:02 │コメントをする・見る(0)稽古場レポ(2016)雑記劇団エンジン

2016年06月13日

公式サイトもありますよ

豊田市旭地区の空~♪  目にやさしい



とよた演劇祭 『空の舞台』 公式サイトは→こちら

近隣駐車場案内も掲載してます!
劇団紹介掲載してます!!

空の舞台参加団体は、とよた演劇アカデミー(アカデ)修了生によって立ち上げた団体べー

アカデとは次世代の文化を担う人材育成事業として約10ヶ月間、舞台基礎を学ぶ場所で今は9期目となり沢山の修了生を輩出しました。

参加団体の中でも、ヒト際雰囲気の違う団体が一つ!?
とよたこども創造劇場(こ劇)出身者で構成された団体!

子供だー、子供だーと思っていたのに演劇を教えていた私達と一緒に舞台に立つ日が訪れるとは!

ぞくぞくと稽古場の様子が入ってくると思いますのでブログチェックしてみてくださいね。  


Posted by とよた演劇祭@舞台 at 21:06 │コメントをする・見る(0)雑記2016『空の舞台』

2016年06月07日

ミーン、ミーン


2015 年夏

大盛況のうちに、惜しまれつつも幕を下ろした

とよた短編演劇バトルT-1

その後、とよた演劇人を襲ったのは
ドドンとした虚脱感と、ズズンとした喪失感


「さて、どうしよう」


フト見上げると、そこには
どこまでも広がる青い空と
ミライをかたちどったかのような白い雲


「祭りを続けていこまい」


そんなわけで、とよた演劇祭はじめます。

2016 年夏

舞台は、地上を離れて豊田参合館 9 階
最高度を目指して、『空の舞台』開催です

-----------------------------------------------------------------------

↑ チラシに掲載した文言です。5年続いた短編演劇バトルT-1の仕掛け者、I氏と語りました。ウーロン茶片手に、、、。

「T-1の方が面白かったな」

と言われないように。と、おも~い、おも~いお言葉を頂きました。
  

Posted by とよた演劇祭@舞台 at 19:00 │コメントをする・見る(0)雑記